メジャー、今季開催に暗雲。「100%自信」と言ったコミッショナーが、一転し「自信が無い」と弱音 : スポーツ報知

メジャー、今季開催に暗雲。「100%自信」と言ったコミッショナーが、一転し「自信が無い」と弱音 : スポーツ報知

スポーツ報知

 新型コロナウイルスの感染症拡大の影響で長期延期となった開幕に向けて、オーナー側と選手会の交渉が難航する大リーグ。先週の時点で、「100%開幕できる自信がある」と話していたマンフレッド・コミッショナー


高木勇人

プロ野球選手

コロナってほんまに何!?って言いたくなります。。 広がってしまった事は考えても、もう遅いから今出来る事、マスクをちゃんとつけたり、手をしっかり洗ったりなど、誰でも出来る事を今はみんながみんなの事を考えてやっていくしかない。 それがみんなの向かいたい方向にいくはず。 日本でもまだコロナが終わったわけではないので、本当に気をつけてほしい。体を本当に大切にしてほしい。

Nomura

大学生

給与の問題などでもめているようですがこればかりは選手にも抗議する権利はありますし難しい問題だと思いますね。しかしながら今年にかけている選手も多くいると思いますのでなんとか折衷案を見つけて開幕してもらいたいですね。

広瀬治

会社員

中には譲歩して開幕を志向している選手もいると思いますが、選手会の流れに反するのを恐れて言えないのでしょうね。次の労使交渉も見据えているようですが、まずは目の前の問題に取り組んだ方がいいのでは?

山下英之

大学生

NPBと選手会の間では未解決の問題もあると思うが、とにかく開幕を目指す姿勢は一致している。MLBがお手本のように、なることもあるが、弊害もあるんですね。

吉田哲也

学生

あそこまで選手会と平行線だったらもう今年は開幕できない気もしてくる。でも、もしそうなったら今年がキャリアで重要だった選手はどうなるんだ?ということになりますね。

和田光

学生

本当にファンが置き去りにされているように感じる…契約で全部決まっていくのがアメリカっぽいですが。

関連記事

秋山翔吾、60戦で結果出す「必要だと認めさせる」メジャー1年目ようやく開幕へ…インタビュー : スポーツ報知

スポーツ報知

「一過性ではない」3年ぶり一発が特大弾 広島堂林に見た鈴木誠と重なる仕草とは? | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

Full Count

ロッテ鳥谷が開幕1軍入り決定、井口監督が明言 - プロ野球 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

清原和博氏 執行猶予満了を報告 これからの人生を「薬物依存症の人たちと、野球界、高校野球に捧げたい」― スポニチ Sponichi Annex 野球

スポニチアネックス

吉村府知事、阪神に高校野球近畿大会の甲子園開催を打診

SANSPO