広島・誠也、2打席連発!セ界3冠!ドアラもビビった「まじで危なかった」― スポニチ Sponichi Annex 野球

広島・誠也、2打席連発!セ界3冠!ドアラもビビった「まじで危なかった」― スポニチ Sponichi Annex 野球

スポニチアネックス

 広島・鈴木誠也外野手(25)は26日の中日戦で、決勝弾となる先制ソロを含む2打席連発を放った。これで打率・462、5本塁打、9打点。リーグの打撃主要3部門でトップに立った。タイトルに関わる安打数、出塁率も含め5冠の絶好調ぶり。先発した大瀬良は、開幕戦から2試合連続の完投勝利で、チームを引き分けを挟んでの連勝に導いた。


Kanta

誠也はホームランバッターの中でも、走攻守と全てがトップラインで揃っているからまじで期待できるな。ただ少し不安なのが、誠也の前後の打線。相手チームも、誠也を歩かせれば広島の攻撃陣は怖くないと思ってしまうと危険。堂林は調子良さそうだし、西川とメヒアが復調すれば誠也頼みの打線からも脱出してもう一皮向けるかも。

Riku Sasaki

二本とも低い弾道で突き抜けるようなホームラン。これは調子が非常に良い証拠だと思う。今年は三冠、トリプルスリー両方とって、カープや日本代表にとってかけがえのない存在として輝きを放ってくれることを期待してます。メジャーがほっとかない存在になってくれればファンとしても楽しみ。球団を離れるのは寂しいけど。

Syuto Tanahashi

ホームランを打った球は決して甘いわけではなく、低めの良い球だった。それをライナー性のホームランにしてしまう男。1人で阪神の全選手合計と同じくらいの打点を叩き出す男。決しておごらないし謙虚な姿も好印象。日本の四番だなこれは。

関連記事

森下が広島初偉業、新人2ケタ奪三振&無四死球完封 - プロ野球 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

14日の公示 中日が球界最年長投手の山井を今季初昇格 阪神は岩崎、西武は金子らを昇格 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

Full Count

今季二軍暮らしの期待の若ゴイ・小園 昇格はじっくり課題を克服してから | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

東スポweb

中日・柳が交代拒否の〝逃亡〟 関係者は「完投への心意気」を評価 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載

東スポweb

中日・根尾が登録抹消へ 8月4日に昇格後15打数1安打、打率6分7厘と苦闘…再び2軍で実戦経験積む:中日スポーツ・東京中日スポーツ

中日スポーツ