ラグビー男子7人制日本代表候補活動再開 小沢「仲間と一緒にやれた」/スポーツ/デイリースポーツ online

ラグビー男子7人制日本代表候補活動再開 小沢「仲間と一緒にやれた」/スポーツ/デイリースポーツ online

デイリー

 東京五輪ラグビー男子7人制日本代表候補が29日、新型コロナウイルスの影響で休止していた活動を再開した。感染対策として全国5カ所に分散して行うことになっており、同日は東京での練習が行われた。練習後に小沢大(31)=トヨタ自動車=がオンラインで取材に応じ「段階的な再開だが仲間と一緒にやれたことをうれしく思う」と喜びを語った。 1年延期となった東京五輪。小沢は「今年やりたかったのが一番の思い。(当初は)切り替えができなかったが、ポジティブに捉え、1年後にメダルを取ると再び思えた」と前向きになっている。今年1月に女児が誕生したことも延期となった東京五輪へ向かう後押しとなった。


岸岡智樹

ラグビートップリーグ選手

徐々にラグビーができる環境が整いつつある💪 そう簡単に試合はできないが、今の行動が未来を作る🔥 そう考えれば今何やるべきかが見えて来る。 仲間と一緒にラグビーができる幸せを噛みしめたい。

Syuto Tanahashi

オーストラリアやヨーロッパも再開しているんでしょうか?東京オリンピックが無事開催されたとしたら、練習の再開タイミングが早い方が自然と有利になりそうですね。そうなるとコロナがおさまっている国が有利かと。日本にとっては悪くないニュースだと思います。

未設定

ラグビーは激しいコンタクトスポーツですから、練習再開は嬉しい反面怪我も頻発しそうですね。。少しずつ慣らしていければいいのですが。

未設定

ようやく活動再開!国内5カ所に分散して少人数で週一回と段階的な調整になりそうですね。7月下旬以降の全体練習から本格的に実戦練習が始まりますので、また状況報告が楽しみ。

関連記事

ラグビーW杯、経済効果は6464億円…分析リポート公表  : スポーツ報知

スポーツ報知

7人制なぜ離脱者1年延期は深刻 15人制との違い - 7人制ラグビー - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

福岡堅樹、東京五輪7人制代表から離脱を発表 14日に「今後について」会見実施へ | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER

堀江翔太は代えのきかない選手。2023年W杯はトンプソン式で挑戦を

sprotiva

【A MESSAGE OF HOPE(連載:希望へ、伝言)】 Vol.41 田村 優──スタジアムで会いましょう!

GQ Japan