スーパーラグビー25年の歴史に幕へ NZが来年から新国際リーグを計画― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

スーパーラグビー25年の歴史に幕へ NZが来年から新国際リーグを計画― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

スポニチアネックス

 ラグビーのニュージーランド(NZ)協会は17日、南半球の国際リーグ、スーパーラグビー(SR)を今季限りで終了し、来年からNZ、オーストラリア、太平洋諸国のチームによる新たなリーグの創設を計画していると発表した。実質的な南アフリカ、アルゼンチンのリーグ除外で、1996年にスーパー12として始まった国際リーグは、25年の歴史に幕を閉じることが決定的となった。


広瀬治

会社員

移動距離はあるが、新リーグ参加国との時差はほぼない日本は、今後、コロナ対策が評価され、資金面のバックアップができる日本企業が現れれば、まだ新リーグ参入の可能性はあると思いたい。しかし、資金面はクリアできるとしても、コロナ対策で後手を踏んでいるていたらく安倍内閣が続くうちは、世界的終息の目処がたつまでは厳しいでしょう。しかし、国際的なラグビーリーグに参加するのは、日本ラグビー発展の為に不可欠だと思っているので、国内リーグプロ化と並行して是非実現してもらいたい。個人的には、かつてのサンウルブズの毎週末の試合が、日々の生きる糧になる位の存在になっていたので、将来、NZ、OZの強豪チームとサンウルブズ等の日本チームの試合が見れる日常が実現するのを切に願ってます。

和田光

学生

南アフリカが欧州に行きたがっているし、豪が地盤沈下。 そしてコロナで来年もスーパーラグビーできるかどうかもわからないし。 豪はメディアから資金調達してまでもサンウルブズ除外とリーグの整備動いていたけどあっさりと受け入れたのね。 ただフィジー、サモアの選手の囲い込みを狙ってリーグに入れている所も若手を囲い込む上でのいやらしさを少々感じるけど。

山中昌彦

高校生

結局の話、除外されたのはサンウルブズだけじゃなくて、ハグアレスや南アフリカも追い出された訳だ。 やっぱり移動距離が長いのは練習場の確保もあって、理由としては大きいかも。 やはりヨーロッパはヨーロッパで、オセアニアはオセアニアでまとまる傾向。 だったら日本も新リーグにはアジア枠を拡大して、中国や韓国、香港、台湾の選手を多く使えるようにして、それらの国に強くなってもらわないと、日本が強くならない。

関連記事

改革迫られるスーパーラグビー 豪協会は日本のTL優勝チーム含む「スーパー8シリーズ」提案 | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

齋藤直人「日本代表になりたい気持ちはすごく強い」 スーパーラグビーでの悔しさも成長の糧に | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

サンウルブズ最優秀新人はフィフィタ。中野ら未来のスター候補も貴重な経験。 | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

サンウルブズの価値語る堀江翔太、日本代表へは「関わっていない状態」?【ラグビー旬な一問一答】(向風見也)

Yahoo News

【コラム】 あなたがいたから | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック