【コラム】データなき、驚きの秋。 | ラグビーリパブリック

【コラム】データなき、驚きの秋。 | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

 コーチをしていると試合中に相手のFWの顔を見る習慣がつく。膝に手を置く。発汗が激しい。そのあたりを察知したら、自分のチームに指示を発する。「どんどんボールを動かせ」。いまの選手やコーチはそうした仕草を「ボディーランゲージ」と呼ぶ。 10月4日。ラグビーの公式戦が始まった。関東大学対抗戦の筑波大学が慶應義塾大学を30-19で破った。J SPORTSの解説をしながら、前半、コーチ時代のくせで、汗の量や表情から「筑波のFW、足が止まるのでは」と思った。 筑波は内側の防御の意識が高く、迷わず前へ出るタックルも機能している。ただし、ひとつの接点に力をふりしぼる分、疲労は進むはずだ。 だから、よく鍛えられた慶應が、心を開け放って、どんどん攻めれば、オフサイドやブレイクダウンにおける反則を奪えるのでは。そう読んだ。 ただ慶應は、前半、スクラムで優勢に映った。ラインアウトも奪取にはいたらぬもクリーンなキャッチを簡単に許さなかった。 このあたりは心理のアヤで、セットプレーの計算が立つので、試合運びが保守に傾くことはありうる。陣地を意識した筑波がキックを用いる。慶應も確実に蹴り返した。攻防が途切れず動くような展開にはならなかった。 試合が進むと、解説者として筑波の勇敢なFWにあやまりたくなった。終盤、複数の選手の足は確かにつった。でも、スコアの優位をすでに保ち、それが白黒を決することはなかった。 筑波は勝つならこれしかないという流れをつくり、そこに乗れた。フェイズを重ねるとターンオーバーされそうで、スタミナも消費する。敵陣を意識しつつ、いったん手にしたボールを手間はかけずにトライへと結ぶ。 ひとりの「特別な人」が出現した。 新人の13番、谷山隼大。「184㎝・92㎏」の堂々たる骨格。福岡県立福岡高校の評判の逸材だった。FW3列で高校日本代表に選ばれたように複数ポジションを高いレベルでこなす。 開始直前。福岡高校のOBよりショートメールが届いた。 「高校1年、まだ身長178㎝の谷山がジャンプ、ゴールポストのバーに両手でぶらさがったのを見ました。OB会長いわく、福高の歴史で、あれができたのは、ほかには渡辺貫一郎だけ」