家長昭博が作る見事な攻撃の「幅」。フロンターレは多様性が増した|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

家長昭博が作る見事な攻撃の「幅」。フロンターレは多様性が増した|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

Sportiva

静寂のなかで行なわれるリモートマッチ(無観客試合)のいいところは、プレーの音がリアルに届くことだろう。味の素スタジアムに響き渡ったのは、「バシッ、バシッ!」とリズミカルに刻まれる川崎フロンターレのパスワークの音だった。 2連勝中のFC東京がホームに川崎を迎えた一戦。「多摩川クラシコ」と呼ばれるライバ…


貴文

ライター

川崎は1番日本人の身体的特性にあったサッカーをしてるのかもしれない。体は小さくても頭と技術があればハマるし、そんな選手が次々入団してくるから高い競争も生まれる。そして若手の育成もうまいからバリエーション豊富なプレーと厚い選手層。決して1人のスーパースターに依存するスタイルでは無いこの良い流れは当分続きそうだ。

けみお

商社マン

フロンターレはつい最近まで代表入りしていた、車屋、守田がサブですからね。出場機会が少ないと移籍してしまうのではないか、と余計な心配をしてしまいます…。中村憲剛や小林悠がこのメンバーにどうやって割って入るのかも気になります。

Takashi

所々でドリブル突破やミドルなどもあって見応えがあった。元々選手個々の能力が極めて高く、一つ一つのプレー精度が高いので今年は川崎と対戦するチームはかなり大変だと思うね。攻撃の種類も増えたとなると警戒しにくい。

Syuto Tanahashi

去年は右サイドバックが固定されずに家長に負担かかりまくりだったけど今年は山根もハマりそうやね。パス一辺倒だった以前と比べると攻撃のバリエーションも増えたし、今年は爆発を期待。

未設定

リモートマッチで選手間の声や、ピッチ上の音が通りやすいのも、パス主体のチームには良い影響があるのかもな

未設定

川崎は本当に若手が下から上がって来るから期待出来る!! 田中碧や旗手や三苫、期待の選手がいっぱいいますね

関連記事

プレミアリーグがネット上の虐待行為を受けた選手を全面サポートへ【超ワールドサッカー】

超ワールドサッカー

J過密日程でメンバー固定が正解?数字で見る各チームの戦略と成否|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

Sportiva

交代枠5人の活用を数字で検証。うまいチームと下手なチームはどこ?|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

Sportiva

レッズ鈴木啓太さんの今 猛反対の中、起業を決断「サッカーも同じ」

withnews

川崎F、C大阪、札幌、名古屋がベスト8入り! 明日プライムステージの組み合わせ抽選会《YBCルヴァンカップ》【超ワールドサッカー】

超ワールドサッカー