スコットランドと同組! 日本代表、エイトネーションズに参加決定か | ラグビーリパブリック

スコットランドと同組! 日本代表、エイトネーションズに参加決定か | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

 実現するかどうかは別にして、日本代表が注目の大会の中に組み入れられた。 今秋に計画されるシックスネーションズ+招待2か国の大会。7月27日、その2か国が日本とフィジーに決まったと、BBCをはじめとした海外メディアが一斉に報じた。 エイトネーションズ(仮名)は、コロナ禍の影響を受け、オールブラックスの欧州遠征など、南北半球交流が不可能であることを受けて練られたプランだ。 未消化のシックスネーションズの試合が10月末に行われた後、11月14日に開幕する予定だ。 8チームは、イングランド、ウエールズ 、アイルランド 、フィジーのグループと、スコットランド 、フランス、イタリア、日本のグループに分かれておこなわれる予定だ。 グループ分けの根拠は、直前におこなわれる未消化シックスネーションズでの対戦カードとの重複を避ける意図がある。 イングランドはアイルランド、フィジーとトゥイッケナムで戦い、ウエールズ戦の会場は未定。スコットランドは本拠地マレーフィールドで日本、フランスと戦い、ローマでイタリアと対戦予定のようだ。 大会は12月5日までおこなわれる。それぞれのグループで総当たり戦を戦った後、各グループの同じ順位のチーム同士で対峙する。 日程や試合会場の決定は8月に入ってから決められる。 日本代表は、ここ数年で著しく実力を上げた。昨年のワールドカップでは、アイルランドとスコットランドをプールマッチで倒し、史上初の準々決勝進出を果たしている。 フランスとは2017年に対戦。アウェーのパリで23-23の引き分けに終わったが、最後までもつれる僅差の接戦だった。イタリアとは2018年に日本で2試合を戦い、1勝1敗という結果だ。 強豪を相手に対等以上の戦いを見せた日本代表にとって、このグループで1位となるシナリオは、夢ではなく目標と考えるだけの現実性がある。 当初は日本、フィジー、ジョージアのうちの2チームが参加とされていた。その中で日本が選ばれたのは、昨年のワールドカップで8強に進出した日本の参加が、商業的にも価値があると判断されたからと見られている。 フィジーは、多くの主力選手が欧州ベースでプレーしている。 ファンがそれぞれの試合をスタジアムで観戦できるかどうかは、まだ未定だ。


山中昌彦

高校生

シックスネーションズは伝統的な大会で毎年WOWOWで楽しみに観てました。 一方伝統国だけでボールを回してる大会に残念な部分もあった。 日本とフィジーが加わり門戸を開放することに大賛成です。 他の国も新しい国が加わることに新鮮さを感じてもらえると思う。

田中秀雄

サンウルブズがなくなって代表選手強化もどうなるかという中 こう言う試合に参加できるのは非常にありがたいし楽しみ 無事試合が開催されることを願う

未設定

外交の意味もあり、トラディショナルを重んじるシックスネイションズが他国を受け入れるのは良いことだと思う。 ラグビーが日本の文化として発展していってほしい。

未設定

こんな強国ばかりの大会にジャパンが出るなんていまだに信じられない エディさんがHCになる前まではテストマッチですら組んでもらえなかったのに エディさんの功績はほんと大きいね

未設定

夢のような話ではあるが、秋までにどれだけコロナが収束しているか。無観客でも開催できれば御の字、と言ったところか。

関連記事

神戸製鋼に元NZ代表の2選手が加入。「誇り高いチームでプレーできることに感謝」と意気込み十分 | THE DIGEST

The Digest

【ラグビー】カーター負傷で今季アオテアロア出場困難か チャンスは最終節のクルセイダーズ戦のみ(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)) - Yahoo!ニュース

ラグビーリパブリック

神戸製鋼に元NZ代表の2選手が加入。「誇り高いチームでプレーできることに感謝」と意気込み十分 | THE DIGEST

The Digest

【ラグビーコラム】堀江翔太の好きな言葉と一流の心得 - ラグビー - SANSPO.COM(サンスポ)

SANSPO

バレット、レイドロー、マピンピ…続々と“大物”が来日するのはなぜ?トップリーグは2022年から新局面へ! | THE DIGEST

THE DIGEST