まさかの失格のジョコビッチ、危険行為を謝罪。「意図的ではないが、間違っていた」

まさかの失格のジョコビッチ、危険行為を謝罪。「意図的ではないが、間違っていた」

tennis daily

現地6日の「全米オープン」男子シングルス4回戦で、線審の首元にボールを打ってしまい、危険行為により失格となった第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、自身のInstagramで謝罪のメッセージを投稿した。ボール公式トーナメントの規制では、ボールのサイズは6.54~6.86cm、重さは56.0~59.4g。また...