日本代表は今秋試合せず、年内活動なし。コロナで最低限の準備できず苦渋の決断。来年は… | ラグビーリパブリック

日本代表は今秋試合せず、年内活動なし。コロナで最低限の準備できず苦渋の決断。来年は… | ラグビーリパブリック

ラグビーリパブリック

 ラグビーワールドカップ2019で悲願のベスト8入りを果たし、『ONE TEAM』となって戦う姿が観る者を感動させ多くのファンを獲得した日本代表だが、2020年は勇姿を見せることができなくなった。1試合もおこなうことなくシーズンを終了する。 今年、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行によりラグビー界も大きな影響を受け、6月、7月に国内で予定されていたウェールズ代表戦とイングランド代表戦は中止になった。秋はフィジー代表とともにシックスネーションズ(欧州の強豪:イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリア)に挑む"エイトネーションズ"(のちに発表された大会名はオータム・ネーションズカップ)に参加する計画もあったが、断念。日本ラグビー協会は秋の代表戦について、なんとかしたいという前向きな検討を続け、ぎりぎりまでさまざまな選択肢を模索したが、当初予定していた時期にトレーニングを開始できなかったことから、選手の安全を守る観点で必要最低限の準備ができないと判断し、2020年秋シーズンの国際試合及びそれに伴う代表活動をおこなわないことを決定した。 9月14日、日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事とジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)がオンラインで会見をおこない、経緯を説明し、いまの思いを語った。