意義深いコートジボワール戦。鎌田・伊東が南野・堂安を上回る点とは|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

意義深いコートジボワール戦。鎌田・伊東が南野・堂安を上回る点とは|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

Sportiva

終了間際、植田直通のヘッドが決まり、コートジボワールに1-0で勝利した日本代表。森保一監督の勝負カンが冴えた試合と言えるが、内容においても、4日前(10月9日)に行なわれたカメルーン戦(0-0)を上回っていたのは確かだった。 コートジボワールは、2014年ブラジルW杯初戦で対戦した相手だ。日本はこの…