桐生祥秀が10秒04で1位 今季初戦に充実タイム - 陸上 : 日刊スポーツ

桐生祥秀が10秒04で1位 今季初戦に充実タイム - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

男子100メートルで9秒98の前日本記録保持者の桐生祥秀(24=日本生命)が今季初戦から充実ぶりを示した。追い風1・4メートルの条件だった決勝で、10秒04を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)


岸岡智樹

ラグビートップリーグ選手

コロナ渦中に個人競技の選手がここまで結果を確実に出せることほどすごいことはない。 男子100mを10秒0台に馴染みがでてきたのは桐生選手の確かな功績。 レベルが高まっているという事実の裏側にある努力は計り知れない。 誰もが同じ条件になった期間にどれだけ積み上げてきたのかがこのレースを物語っていますね。 良くも悪くもまだ始まらない競技はいまだからこそもっとできることがあるはず。

tawm524

自営業

シーズン初戦から0台2本揃えるのはやはり実力がある証。素晴らしい。サニブラウンはじめ国内ライバルと刺激し合って次は早く9秒8台の突入を見てみたい!

nmove

会社員

個人競技とはいえ、この試合勘どころか、練習も思うように行かないであろう中でのこの記録は、素直に素晴らしい。

Sota

今期初戦のレース2本目で10秒04を出してくるのはさすがとしか言えない。レース感覚や動き、状態はまだまだ上がってるくると思うし、今シーズンはかなり好記録が期待できる。ケガやコロナにかからなければ日本記録更新も大いに期待できるし、最初に10秒の壁を破ったスプリンターの地力を見せてくれ。

さらー

教育

もう10秒0台が当たり前に感じるようになった。男子短距離の充実ぶりは凄いね。

未設定

自分が一番速いレースでは、特に強いですね。桐生選手。あとは自分より強い選手がいるレースで、どれだけ良いレースができるかが課題

未設定

競らないと強い桐生らしい走りだった。 次戦は中盤で競合いになるだろうから、どう纏められるか楽しみ。

関連記事

昨年の福岡国際マラソン優勝者がドーピング違反 - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

陸上、コールマンが資格停止か 男子100mの世界選手権覇者 | 共同通信

共同通信

中高生の陸上の代替全国大会を国立で 文科相が提案 - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

世界リレー8位までに五輪出場権/スポーツ/デイリースポーツ online

デイリースポーツ

陸上男子短距離 飯塚翔太 1か月半ぶりに本格的な練習再開 | NHKニュース

NHKニュース