昨年の福岡国際マラソン優勝者がドーピング違反 - 陸上 : 日刊スポーツ

昨年の福岡国際マラソン優勝者がドーピング違反 - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は昨年12月の福岡国際マラソンで優勝したエルマハジューブ・ダザ(モロッコ)を、ドーピング違反で4年間の資格… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)


吉田哲也

学生

単純に疑問なんだが、オリンピックも内定してるというのに、調整で出たようなレースでなんでドーピングするんだろ??リスクの方が高くない?

Atsushi Tsuji

オリンピック競技以外にもそうだけど、特に陸上ってドーピング問題が多すぎる。絶対にバレるのに使う理由がわからんし、あとから繰り上げられても素直に喜べんやろ。まじでドーピング問題ちゃんと取り締まって欲しいわ

吉田哲也

室伏さんとかもだけど、あとから繰り上げってどうなんだろうね。 当時の悔しさとか考えると、ドーピングはもっと厳罰化すべきじゃないかな?

関連記事

桐生祥秀が10秒04で1位 今季初戦に充実タイム - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

陸上、コールマンが資格停止か 男子100mの世界選手権覇者 | 共同通信

共同通信

中高生の陸上の代替全国大会を国立で 文科相が提案 - 陸上 : 日刊スポーツ

日刊スポーツ

世界リレー8位までに五輪出場権/スポーツ/デイリースポーツ online

デイリースポーツ

陸上男子短距離 飯塚翔太 1か月半ぶりに本格的な練習再開 | NHKニュース

NHKニュース